ペット詳細

     
ペット図鑑 ヨークシャーテリア
性質・特徴 手入れ
非常に長く、細くツヤのある被毛が特徴的で、体の左右に均等に垂れている。 警戒心が強く、負けん気があり活発。元気で生粋のテリアの気質があり、さらに鋭い感覚と知性も併せもっている。また忠誠心の高さでも定評がある。怖いもの知らずで自分のテリトリーをしっかりと守ろうとする勇敢さももっているため番犬にも向いている。 ブラッシングはスキンシップをとりながらできる限り毎日行うようにしましょう。 シャンプーは10日に1度を目安に行い、タオルドライをしたあとはドライアーでしっかりと乾かして下さい。 ショーを目指さない場合、3~6週間おきにトリミングサロンである程度の長さでカットしておけば、普段のブラッシングやシャンプーも簡単になります。 最近では多様なカットが考案され、飼い主の好みやライフスタイルに合ったカットが楽しめるのもヨークシャーテリアのよいところです。
毛質・色 運動
被毛はまっすぐで光沢のあるシングルコートで、頭部は鮮やかなゴールデン・タンで、体はダーク・スチール・ブルー。 運動はそう多くは必要ありませんが、体調や季節、状況に応じて短時間でも朝夕の散歩を規則的に実行するとよいでしょう。活動的な犬なので、引き運動だけにこだわらず、日光浴をかねて自由に遊ばせたほうがよい。
飼い方 主な歴史
飼い主家族に愛情深く、物覚えもよいのでしつけは難しくありませんが、テリア特有の噛み癖に注意。 吠え癖を持った犬も少なくなくありませんが、トレーニングによって直すことができます。 イギリスのヨークシャー地方で、家屋を荒らすネズミの被害が多かった時期に、それを捕獲するために作出されたという犬種。さらに品種改良を重ねて小型化された19世紀末頃には、貴婦人のペットとして流行した。テリアとして最も小型の部類に含まれ、マンチェスター・テリア、スカイ・テリアなど多くのテリア類やマルチーズなどと交配され作出された。1886年にはイギリスのケンネル・クラブで正式公認される。以降、世界的な愛玩犬としての人気を確立し、ヨーキーの名前で愛好されている。
お店にいる子を見る

>トップページ > ペット詳細